<< ビリルビン | main | ビリルビンの機能 >>
2012.05.12 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.05.22 Tuesday

    ビリルビンの科学

    0
        ビリルビンは、4つのピロール環(テトラピロール)を有する開環したチェーン状の構造を有している。ヘムにおいては、4つのピロール環はポルフィリン環と呼ばれる大きな環に繋がれている。ビリルビンは、光を吸収するために海藻類で利用されているフィコビリンと大変良く似た構造をしている。このフィトクロム色素は植物で光を吸収するのに利用されている。これらの物質は、4つのピロール環を有する開環したチェーン状の構造を有している。 他の色素と同じように、光に晒すとビリルビンの二重結合異性化する。この性質を利用して新生児黄疸に光線療法が施されている。光を照射したビリルビン異性体は、光を照射していないものより水溶性が高くなる。 ビリルビンの異性体化学構造について誤った構造を掲載している教科書や論文がいくつか認められる。


      ウィキペディアから引用
      2012.05.12 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        りんく
        Selected Entries
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM