<< 血液検査 | main | ウロビリノーゲン >>
2012.05.12 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.05.30 Wednesday

    ウロビリン

    0
       ウロビリンは、古くはウロクロムとして知られ、黄色の直線状のテトラピロールで、環状のテトラピロールであるヘムの分解生成物である。

      ウロビリンは、ウロビリノーゲン酸化されて生成される。ウロビリノーゲンの分子中央の炭素が酸化されてウロビリンが生成される。

      ウロビリノーゲンは、抗酸化作用を有し、DPPHラジカル除去作用は他の抗酸化物質ビタミンEビリルビン及びβ-カロチン)よりも高い値を示した[1][2]

      尿が環境中に排出されてウロビリノーゲンが酸化されることによってもウロビリンが生成される。



       ウィキペディアから引用
      2012.05.12 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << November 2017 >>
        PR
        りんく
        Selected Entries
        Archives
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM