2012.05.12 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.05.21 Monday

    ビリルビン

    0
       ビリルビン: Bilirubin)は、(以前はヘマトイジン(hematoidin、類血素)とも言われた)黄色のヘムの通常の分解代謝物である。ヘムはヘモグロビンの構成物であり、赤血球の主要構成物の一つである。ビリルビンは、胆汁又は尿から排出され、異常な濃度上昇は何らかの疾病を指し示している。ビリルビンは、の黄色の原因物質であり、黄疸により黄色く変色が起こる原因物質である。

      ビリルビンは、ゴクラクチョウカ科の数種の植物からも発見されている。


      ウィキペディアから引用

      2012.05.20 Sunday

      ビリンを持つ生物

      0
         紅藻、植物中の光合成色素フィコシアニン発色団であるフィコシアノビリンは動物で発見されている。植物においてもビリン類は光受容体タンパク質であるフィトクロムの光色素として利用されている。

        無脊椎動物のビリンの例として、ツユグモの緑色のもとであるミクロマタビリンがある。


        ウィキペディアから引用

        2012.05.19 Saturday

        ビリンの構造

        0
           化学的にはビリン類は4つのピロール環テトラピロール)が直線状に連なっている。ヒトの代謝においてはビリルビンヘムの分解生成物である。ヒドロキシメチルビランは、ポルフォビリノーゲン(PBG)と(ポルフォビリノーゲンデアミナーゼとして知られている)ウロポルフィリノーゲンI合成酵素との生化学反応の主要生成物である。

          ビリルビンは代表的な胆汁色素であり、破壊された赤血球から遊離したヘモグロビンのタンパク質部分から切り離されたヘムが、肝臓の細胞で黄色のビリルビンに変化したものである。ヒトに一般的なビリン系統のその他の胆汁色素は、尿中のウロビリン(黄色)、ヘム分解の最初の代謝物であるビリベルジン(緑色)、大便中のステルコビリン(茶色)などがある。


          ウィキペディアから引用

          2012.05.18 Friday

          ビリン

          0
              ビリン英語bilin)(ビラン又は胆汁色素)はポルフィリン類の代謝物としてたくさんの臓器で生成される生化学的な色素である。ビリン(ビリクロムとも呼ばれる)は、ヒトの胆汁(バイル)から名付けられたが、これらの物質はより下等な脊椎動物無脊椎動物紅藻、緑色植物、シアノバクテリアからも発見されている。ビリン類は、赤色、オレンジ色、黄色、茶色、青色、緑色を呈することができる。

            ウィキペディアから引用
            2012.05.17 Thursday

            テトラピロール

            0
               テトラピロール (tetrapyrrole) は4個のピロール環を含む化合物群である。コリンを除き、ピロール環どうしは1個の炭素原子で繋がれており(フタロシアニンは窒素で架橋)、環状のものと直鎖状のものがある。

              直鎖状のものにはビリルビンなどのビリン類や、シアノバクテリアがもつフィコビリンなどが知られる。

              環状のものにはヘムをはじめとするポルフィリンクロロフィルなどが知られる。

              コリンは環状のテトラピロールで、メチレン架橋のひとつがピロール環どうしの直接結合によって置き換えられたものである。


              ウィキペディアから引用

              2012.05.16 Wednesday

              ジグルクロン酸ビリルビン

              0
                 ジグルクロン酸ビリルビン(ジグルクロンさんビリルビン、Bilirubin diglucuronide)は、2つのグルクロン酸によって抱合を受けたビリルビンである。 ビリルビンジグルクロニドとも、抱合型ビリルビンとも言う。

                ビリルビン代謝において、親水基を有するジグルクロン酸ビリルビンは、水溶性となり、肝毛細胆管側膜(canalicular membrane)を通過し、胆汁の一部となる。

                肝臓においてグルクロン酸転移酵素ウリジン二リン酸グルクロン酸によりビリルビンはグルクロン酸の抱合を受け、水に溶けるようになる。抱合型ビリルビンはほとんどが胆汁の一部となって十二指腸に分泌される。抱合型ビリルビンの一部は大腸に達し、腸内細菌の働きにより還元されてウロビリノーゲンに代謝される。ウロビリノーゲンはさらに還元されてステルコビリノーゲンになり、別の部位が酸化されて最終的にはステルコビリンになる。このステルコビリンは大便の茶色の元である。ウロビリノーゲンの一部は再吸収されて、側鎖が酸化されて黄色のウロビリンとなり尿から排泄される。

                抱合型ビリルビンは、直接ビリルビンとも呼ばれている。


                ウィキペディアから引用

                2012.05.15 Tuesday

                グルクロン酸 その他

                0
                   薬剤の分子構造を設計するとき、体内で輸送され易くするためにグルクロン酸の構造を O-グリコシド結合により結びつける。

                  N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸が結びついた二糖が単位となった多糖ヒアルロン酸である。

                  グルコン酸とグルクロン酸は、ともに、グルコースの酸化によって生じる直鎖状のカルボン酸で、名前も似ているが、位置の異なる炭素原子(それぞれ1位と6位)が酸化された物であり、別物である。


                  ウィキペディアから引用

                  2012.05.14 Monday

                  UDP-グルクロン酸

                  0
                     グルクロン酸化には中間体として UDP-グルクロン酸(ウリジン二リン酸グルクロン酸ウリジン二リン酸 (UDP) にグルクロン酸がグリコシド結合したもので、糖ヌクレオチドの一種)が使用される。UDP-グルクロン酸はすべての動物において肝臓で合成される。

                    毒物へのグルクロン酸の結合は UDP-グルクロン酸転移酵素 (UDP-glucuronyltransferase) によって触媒される。この酵素は心臓腎臓副腎脾臓胸腺、その他主要な体内器官で見つかる。

                    UDP-グルクロン酸はまた、多糖類へのグルクロン酸供給源であり、また、アスコルビン酸の生合成中間体でもある(霊長類およびモルモットは除く)。


                    ウィキペディアから引用

                    2012.05.13 Sunday

                    グルクロン酸化

                    0
                       グルクロン酸は水に対し高度に可溶性の物質である。そのため動物体内において、グルクロン酸はしばしば体外への排出のために毒物と結合されたり、輸送しやすくするためにホルモンと結合されたりする。この過程はグルクロン酸化あるいはグルクロン酸抱合 (glucuronidation) として知られ、一連の誘導体はグルクロニド (glucuronid)、もしくはグルクロノシド (glucuronosid) と呼ばれる。

                      グルクロニダーゼ (glucuronidase) はグルクロン酸と他の化合物との間のグリコシド結合加水分解する酵素である。

                      ウィキペディアから引用

                      2012.05.12 Saturday

                      グルクロン酸

                      0
                          グルクロン酸(グルクロンさん、glucuronic acid)は炭素数6個のグルコースの骨格構造とC6位のカルボキシ基をもつであり、代表的なウロン酸である。分子式は C6H10O7 で、分子量 194.1408 である。光学異性体のうち、天然には D体のみが知られる。共役塩基の陰イオン、グルクロン酸イオン (glucuronate ion) はグルクロネート (glucuronates) と呼ばれる塩を形成する。グルクロン酸の名称はギリシアのγλυκός「甘い」に由来する。

                        ウィキペディアから引用
                        Calendar
                             12
                        3456789
                        10111213141516
                        17181920212223
                        24252627282930
                        << September 2017 >>
                        PR
                        りんく
                        Selected Entries
                        Archives
                        Recommend
                        Links
                        Profile
                        Search this site.
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered by
                        30days Album
                        無料ブログ作成サービス JUGEM